兼業FXブログ

FXトレーダー(スキャルピング気味のデイトレード)です。

メジャー通貨、マイナー通貨とは何か?

今回は、FXをトレードするうえで知っておきたい基礎知識として、「メジャー通貨」と「マイナー通貨」について解説してみたいと思います。

メジャー通貨とは何か?

「メジャー通貨」とは、為替相場での取引量が多い通貨のことをいいます。「主要通貨」とも呼ばれたりします。

代表的なメジャー通貨は米ドル、ユーロ、円、ポンドですが、この他にもFXをしない方にとってはあまり馴染みのない通貨である豪ドル、カナダドル、スイスフランなどもメジャー通貨に含まれます。

余談ですが、メジャー通貨の中でも、円やスイスフランは市場リスクが高まった時に買われやすい「安全通貨」といわれています。

安全通貨の特徴としては、経常収支が黒字、物価上昇率が低い、金融システムが安定している、という共通点があります。

市場リスクが高まった際には、円やスイスフランに注目してみるのもいいかも知れませんね。

他にも、豪ドルやカナダドルは「資源国通貨(資源の輸出割合が高い国)」といわれていて、資源価格との相関性が強い通貨として知られています。

以上、余談でした。

マイナー通貨とは何か?

「マイナー通貨」とは、為替相場での取引量が少ない通貨のことをいいます。

FXトレーダーに馴染みのある通貨ではトルコリラ、南アフリカランド、メキシコペソなどがマイナー通貨に該当します。

マイナー通貨という呼び名の他にも、トルコリラ、南アフリカランド、メキシコペソなどは「新興国通貨」とも呼ばれたりします。

新興国通貨の特徴としては、世界景気の上昇局面で買われやすく、後退局面で売られやすいという共通点があります。保有する際は、この共通点を意識したいですね。

ちなみに、マイナー通貨の中で、南アフリカランドなどは資源国通貨に分類されます。

今回は、「メジャー通貨」と「マイナー通貨」について解説してみました。少しずつですが、FX用語集に記事を追加していくので読んでいただけると嬉しいです。

最後に、アイキャッチ用の画像を貼り付けておきます。

マネーパートナーズのスタイリッシュな取引画面

(画像は、マネーパートナーズのスタイリッシュな取引画面)

この取引画面、個人的には気に入っています(笑)。それではまた。

当ブログではFX用語について解説した記事があります。リンクを貼っておきますので、FX初心者の方に読んでいただけると嬉しいです。

相対取引、取引所取引とは何か? - 兼業FXブログ

FX(外国為替証拠金取引)とは何か? - 兼業FXブログ

通貨ペアとは何か? - 兼業FXブログ