兼業FXブログ

FXトレーダー(スキャルピング気味のデイトレード)です。

通貨切り下げ、通貨切り上げとは何か?

今回はFXをトレードするうえで知っておきたい基礎知識として、「通貨切り下げ」と「通貨切り上げ」について軽く解説してみたいと思います。

通貨切り下げとは何か?

「通貨切り下げ」とは、固定相場制を採用している国が自国の通貨を弱くなるよう(安くなるよう)に為替レートを引き下げることです。

通貨切り下げは、自国の輸出企業の競争力が高まるメリットがありますが、逆に輸入品の価格が値上がりするというデメリットもあります。

通貨切り下げは、固定相場制を採用している国が実施するものなので、変動相場制を採用している国では実施されません。

通貨切り上げとは何か?

「通貨切り上げ」とは、固定相場制を採用している国が自国の通貨を強くなるよう(高くなるよう)に為替レートを引き上げることです。

通貨切り上げは、輸入品の価格が値下がりするというメリットがありますが、逆に自国の輸出企業の競争力が低下してしまうというデメリットもあります。

通貨切り上げも、通貨切り下げと同じく固定相場制を採用している国が実施するものなので、変動相場制を採用している国では実施されません。

最後にアイキャッチ用の画像として、ドル円の日足チャートを貼っておきます。ちなみに、日本とアメリカは変動相場制を採用している国なので、通貨切り下げや通貨切り上げが実施されることはありません。

ドル円の日足チャート(2019年4月20日現在)

(画像元:マネーパートナーズ)

当ブログではFX用語について解説した記事があります。リンクを貼っておきますので、FX初心者の方に読んでいただけると嬉しいです。

信託保全とは何か? - 兼業FXブログ

ドルペッグ制、通貨バスケット制とは何か? - 兼業FXブログ

メジャー通貨、マイナー通貨とは何か? - 兼業FXブログ