兼業FXブログ

FXトレーダー(スキャルピング気味のデイトレード)です。

スキャルピング、デイトレードとは何か?

今回はFXをトレードするうえで知っておきたい基礎知識として、「スキャルピング」と「デイトレード」について軽く解説してみたいと思います。

ちなみに、私は普段「スキャルピング気味のデイトレード」というスタイルでトレードしています(笑)。

スキャルピングとは何か?

「スキャルピング」とは、一般的には数秒から数分(5分以内?)までの短い時間しかポジションを保有しない超短期トレードのことをいいます。

また、ポジションの保有時間が数秒~数十秒で終わるようなトレードを「秒速スキャル」と言ったりします(国内のFX会社は「秒速スキャル」を禁止している会社が多いのでトレードをする際は注意が必要です)。

スキャルピングは、基本的には数pipsというわずかな利幅を狙って、一日に何度もトレードを繰り返し、利益を積み上げていくトレード手法なので、けっこう疲れます(笑)。

デイトレードとは何か?

「デイトレード」とは、一般的には数時間から1日以内までの時間しかポジションを保有しない短期トレードのことをいいます。

こちらも、スキャルピングほどではないにしても、一日に何度もトレードを繰り返すので疲れます。狙う利幅は10~30pipsくらいでしょうか(私の感覚ですので参考までに)。

デイトレードは、ポジションを翌日に持ち越さないため、週末や寝ている間の予期せぬ出来事で損失を被ってしまうことがないため、精神的な負担が少なくてすみます。

今回は、「スキャルピング」と「デイトレード」について軽く説明しましたが、この他にも「スイングトレード」や「ポジショントレード」というトレードスタイルがあります。残りの2つを説明した記事のリンクを貼っておきますので、興味のある方はどうぞ。

スイングトレード、ポジショントレードとは何か? - 兼業FXブログ

ちなみに、私のトレードスタイルである「スキャルピング気味のデイトレード」は、ポジションの保有時間が数分から1時間以内の短期トレードのことをいいます(私が勝手に定義しました笑)。

最後にアイキャッチ用の画像として、ドル円の1分足チャートを貼っておきます。チャートには時系列練行足と75MAを表示させています。

時系列練行足を表示させたドル円の1分足チャート(2019年4月27日現在)

(画像元:マネーパートナーズ)

当ブログではFX用語について解説した記事があります。リンクを貼っておきますので、FX初心者の方に読んでいただけると嬉しいです。

通貨切り下げ、通貨切り上げとは何か? - 兼業FXブログ

利食い(テイクプロフィット)、損切り(ストップロス)とは何か? - 兼業FXブログ

スリッページ、約定力とは何か? - 兼業FXブログ