兼業FXブログ

FXトレーダー(スキャルピング気味のデイトレード)です。

ナンピンとは何か?

今回はFXをトレードするうえで知っておきたい基礎知識として、「ナンピン(難平)」について軽く解説してみたいと思います。

「ナンピン」とは、含み損を抱えたポジションを保有している状態のときに、追加でポジションを増やすことで平均コストを引き下げる行為をいいます。

例えば、1ドル110円のときに10,000通貨のロングポジション(買いポジション)を保有していたとします。その後、価格が1ドル109円まで下落したときに、新たに10,000通貨を買い増す行為(ナンピン)をします。

そうすると、ポジションは20,000通貨に増えてしまいますが、平均価格は1ドル109.5円となり、ナンピンしなければ1円上昇しないと損失を回避できなかったのが、50銭上昇するだけで損失を回避できる計算になります。

このナンピン手法を使うことで、勝率を高めることはできますが、もしナンピンした後に50銭上昇せずに、さらに価格が下落したときは、ナンピンしなかったときと比べて損失が倍増してしまうので、ナンピンする場合は許容できる損失をあらかじめ決めておくことをおすすめします。

ナンピンをする方は、思惑が外れてさらに損失が拡大した場合に、あらかじめ決めておいた損失許容額に達した時点で、絶対に損切りするというルールを決めておくと、1度の負けですべての資金を失うことはさけることができると思うのでおすすめです。

実を言うと、私はどうしてもナンピンをしてしまうナンピントレーダーで、かつ、何度も思惑が外れてナンピンに失敗し損失を被っているのですが、あらかじめ許容損失額とナンピンする回数を決めているので、なんとか資産のすべてを失うことなくFXのトレードを続けることができています(笑)。

最後にナンピンをイメージしたアイキャッチ用の画像を貼っておきますね。

ナンピンの説明をしているチャート

(画像元:マネーパートナーズ)

こうやってチャートを見ると、ナンピンって怖いですねぇ(笑)。このチャートでは売るタイミングを間違えたら大変なことになっていますね。これからナンピンはできるだけしないようにしよう(笑)。

当ブログではFX用語について解説した記事があります。リンクを貼っておきますので、FX初心者の方に読んでいただけると嬉しいです。

キャリートレードとは何か? - 兼業FXブログ

スキャルピング、デイトレードとは何か? - 兼業FXブログ

エントリー、エグジットとは何か? - 兼業FXブログ