兼業FXブログ

FXトレーダー(スキャルピング気味のデイトレード)です。

両建て、ドテンとは何か?

今回はFXをトレードするうえで知っておきたい基礎知識として、「両建て」と「ドテン(途転)」について軽く解説してみたいと思います。

両建てとは何か?

「両建て」とは、同一の通貨ペアでロングポジション(買いポジション)とショートポジション(売りポジション)の両方を同時に同数保有する行為をいいます。

買いと売りのポジションを同時に同数保有しているため、為替レートが動いても利益や損失は発生しませんが、スプレッド分のコストやスワップポイントの支払いによるコストを考えると割に合わない行為だと、個人的には考えています。

ほとんどの方が損失を拡大させないために「両建て」という行為に走りますが、これまたほとんどの方が損失を拡大させてトレードを終える結果になってしまうので、余程の熟練トレーダー以外は素直に損切りして、次のトレードに集中した方が良いと個人的には考えています。あくまで個人的には。

ドテンとは何か?

「ドテン(途転)」とは、現在保有しているポジションを決済し、それまで保有していたポジションとは反対のポジションを持つことをいいます。

具体的には、レートが上昇すると予想して買いのポジションを保有してみたものの、どうやら上昇ではなく下落だと判断し、それまで保有していた買いのポジションを決済して、反対の売りのポジションを持つようなときに「ドテンする」という表現を使います。

ちなみに、私はこのドテンを何度もして、何度も損失(もちろん往復ビンタ)を計上しています(笑)。

最後にドル円の日足チャートの画像をアイキャッチ用に貼っておきますね。

ドル円の日足チャート(2019年6月14日現在)

(画像元:マネーパートナーズ)

当ブログではFX用語について解説した記事があります。リンクを貼っておきますので、FX初心者の方に読んでいただけると嬉しいです。

ナンピンとは何か? - 兼業FXブログ

エントリー、エグジットとは何か? - 兼業FXブログ

利食い(テイクプロフィット)、損切り(ストップロス)とは何か? - 兼業FXブログ