兼業FXブログ

FXトレーダー(スキャルピング気味のデイトレード)です。

スプレッドとは何か?

FXでは、通貨を売るときの値と買うときの値に差があります。そして、その売値と買値の差額のことを「スプレッド」と呼びます。

スプレッドは、FXでトレードをする際のFX会社に支払う手数料のようなものだと考えてください。このスプレッドは通貨ペアごとで違いますし、FX会社によっても違います。

例えば、ドル円の取引をするとした場合で、売値108.438円で買値が108.441円だったとします。

このとき、売値(Bid)と買値(Ask)の差額は、0.003円(=0.3銭=0.3pips)になり、この差額をスプレッドと言います。

この0.003円がFX会社の利益になります。国内のFX会社は基本10,000通貨単位でトレードをするので、1回のトレード(10,000通貨)で30円の手数料みたいなものがかかると考えてください。

マネーパートナーズのスプレッド一覧

(マネーパートナーズのスプレッド一覧)

画像の赤枠内がスプレッドと呼ばれるもので、単位はpipsで表記されます。

先ほども書いたように、スプレッドは通貨ペアやFX会社によって違いがあるので、色々なFX会社を比較してみるのもいいかと思います。

1日に何度もトレードを繰り返すような短期トレーダー(スキャルパーやデイトレーダー)は、1回のトレードコストを下げるために、できるだけスプレッドが狭い(売値と買値の幅が狭い)FX会社を使用することをおすすめします。

それと、スプレッドの説明の際に、「0.003円(=0.3銭=0.3pips)」とさらっと記載しましたが、初心者の方の中には「pipsって?」と思われた方もいるかも知れませんね。

FXでよく使用される単位である「pips」については、また別の記事で説明しますので、ここでは「0.003円=0.3銭=0.3pips」と覚えておいてください。

それでは、FXのスプレッドに関しての説明はこれくらいにしておきますね。

それと、余談ではありますが、現在ほとんどの国内FX会社は取引手数料無料でサービスを提供しています。

何故、取引手数料を無料で提供できるかというと、今回説明したスプレッドがFX会社の収入源になっているからです。スプレッドは手数料の代わりみたいなものなんです。

取引手数料が無料なのにトレードをしたら費用が発生してしまうなんて、なんか騙された気がしてしまいますね(笑)。

ただ、日本国内のFX会社のスプレッドは、世界でも例がないくらいの狭い水準で、驚くほどの低コストでFXのトレードができるようになっていることもお忘れなく。

最近は、海外のFX会社を使ってトレードをする方が増えてきていますが、私はこれからもスプレッドが狭い国内のFX会社を使ってトレードをしていきたいと思っています。ちなみに、私はマネーパートナーズで口座を開設してFXの短期トレードをしています。

以上、余談でした。

当ブログではFX用語について解説した記事があります。リンクを貼っておきますので、FX初心者の方に読んでいただけると嬉しいです。

通貨ペアとは何か? - 兼業FXブログ

取引の単位「枚・ロット・pips」とは何か? - 兼業FXブログ