兼業FXブログ

FXトレーダー(スキャルピング気味のデイトレード)です。

質への逃避とは何か?

今回はFXをトレードするうえで知っておきたい基礎知識として、「質への逃避」について軽く解説してみたいと思います。

「質への逃避」とは、金融市場においてリスクが高まった際に、そのリスクを避けるために、より安全性や流動性が高い資産へ資金が移動することをいいます。

「リスク許容度」の記事でも書きましたが、為替相場でリスクが高まったときは、円やスイスフランに資金が移動する傾向があります。

何故、リスクが高まった際に円やスイスフランが買われやすい傾向にあるかというと、金融システムが安定していて経常黒字でありインフレ率が低いからです(たぶん笑)。

円やスイスフランの他にも、「有事のドル買い」といって為替相場においてリスクが高まった際にドルが買われることがあります。これは、アメリカが世界一の経済大国であり軍事大国であることが理由ですが、最近では「有事のドル買い」の傾向は個人的には薄れてきていると思っています。

最後に、アイキャッチ用の画像を貼り付けておきますね。

チャートには一目均衡表・移動平均線・ボリンジャーバンドを表示させています(ちなみに、最近は4時間足でデイトレードやスイングトレードをしています。)。

一目均衡表・移動平均線を表示させたドル円の4時間足チャート

(画像元:マネーパートナーズ)

今日は、FXの基礎知識として「質への逃避」について軽く説明してみました。これからも少しずつですがFX用語集を作成していきますね。

当ブログではFX用語について解説した記事があります。リンクを貼っておきますので、FX初心者の方に読んでいただけると嬉しいです。

リスク許容度とは何か? - 兼業FXブログ

ファンダメンタルズ分析とは何か? - 兼業FXブログ

ボラティリティとは何か? - 兼業FXブログ