兼業FXブログ

FXトレーダー(スキャルピング気味のデイトレード)です。

東京時間、欧州時間、ニューヨーク時間とは何か?

今回はFXをトレードするうえで知っておきたい基礎知識として、取引の時間帯でよく使用される「東京時間」と「欧州時間(ロンドン時間)」と「ニューヨーク時間」について軽く解説してみたいと思います。

東京時間とは何か?

FXにおける「東京時間」とは、東京を中心としたアジアの時間帯のことをいいます。日本時間の9時から17時くらいまでの時間帯が「東京時間」と呼ばれています。

東京時間と言うだけあって、円絡みの通貨ペア(主にドル円)が活発にトレードされます。

ちなみに、東京時間が始まる前の時間帯は、オーストラリアやニュージーランドを中心とした時間帯なのですが、そこまで注目されていないせいか「オセアニア時間」とか「シドニー時間」という呼び名は、そこまで使われていないような気がします。

オセアニア時間(シドニー時間)は東京時間と重なることもあって、一般的には、東京時間・欧州時間・ニューヨーク時間の3つに分けて説明されている場合が多いですかね。

あと、オセアニア市場が開いてから東京市場が開くまでの時間帯は、流動性が低くなっており、値動きが荒くなることがあるので気をつけましょう。

欧州時間(ロンドン時間)とは何か?

FXにおける「欧州時間」とは、ロンドンを中心とした欧州の時間帯のことをいいます。日本時間の17時から1時(夏時間は16時から0時)くらいまでの時間帯が「欧州時間(ロンドン時間)」と呼ばれています。

欧州時間では、ユーロドルを中心にポンドドルやドル円も活発にトレードされます。

欧州時間(ロンドン時間)は、1日のうちで取引が一番活発になる時間帯です。とくに、ニューヨーク時間と重なる時間帯(冬時間は22時から1時、夏時間は21時から0時)は、取引が活発になるのでスキャルピングやデイトレードをされている方も多いかと思います。

ニューヨーク時間とは何か?

FXにおける「ニューヨーク時間」とは、アメリカが中心となる時間帯のことをいいます。日本時間の22時から7時(夏時間は21時から6時)くらいまでの時間帯が「ニューヨーク時間」と呼ばれています。

ニューヨーク時間でも欧州時間と同じく、ユーロドルを中心にポンドドルやドル円が活発にトレードされます。

ニューヨーク時間は、午前中は欧州時間と重なるので、欧州勢も参加することになり取引は活発に行われますが、午後になると欧州勢が取引を終える時間になるので、流動性が多少低下する傾向にあります。

最後に、アイキャッチ用の画像を貼り付けておきますね。

一目均衡表・ボリンジャーバンド・移動平均線を表示させたチャート

(画像元:マネーパートナーズ)

今日は、FXの基礎知識として「東京時間」と「欧州時間(ロンドン時間)」と「ニューヨーク時間」について軽く説明してみました。これからも少しずつですがFX用語集を作成していきますね。

当ブログではFX用語について解説した記事があります。リンクを貼っておきますので、FX初心者の方に読んでいただけると嬉しいです。

カントリーリスク、地政学的リスクとは何か? - 兼業FXブログ

ボラティリティとは何か? - 兼業FXブログ

変動相場制、固定相場制とは何か? - 兼業FXブログ