兼業FXブログ

FXトレーダー(スキャルピング気味のデイトレード)です。

取引の単位「枚・ロット・pips」とは何か?

今回は、FXで使用する取引の単位について解説したいと思います。

FXには、売買する際の取引通貨量を指す単位の「枚」や「ロット(Lot)」、値動きの最小幅を指す単位の「pips(ピプス又はピップス)」があるので、それぞれ分けて解説してみます。

取引通貨量の単位である「枚」

FXでトレードをする際の通貨の取引量を指す単位のひとつに「枚」というものがあります。1枚、2枚、という感じで数えます。

FX会社によって最低取引単位に違いがあり、通常はそのFX会社で取り扱っている最低取引単位を1枚と表記します。

国内のFX会社では、一般的に1枚=10,000通貨を指す場合がほとんどですが、FX会社によっては1枚を1,000通貨、100通貨などとしている会社もあるので注意が必要です。これは、次に説明する「ロット」でも同じです。

まぁ、基本的に「1枚=1ロット=10,000通貨」と考えておけば問題ないと思いますが、FXトレーダー同士で話をする際なんかは、勘違いが生じる可能性があるので、事前に確認しておくか、枚やロットではなく「通貨」で話をすると良いと思います。

取引通貨量の単位である「ロット(Lot)」

先ほど解説した「枚」と同じように、FXでトレードをする際の通貨の取引量を指す、もうひとつの単位として「ロット(Lot)」というものがあります。1ロット、2ロット、という感じで数えます。

こちらも、FX会社によって最低取引単位に違いがあり、通常はそのFX会社で取り扱っている最低取引単位を1ロットと表記します。

ロットに関しても「枚」で説明したのと同じなので、ここでは詳しい解説は省きたいと思います。

海外のFX会社では、「1ロット=100,000通貨」というのが主流なので、海外のFX会社を使用してトレードをする際に、間違えて10倍の取引量でトレードをしてしまうというようなことがないように気をつけたいですね。

余談ですが、私の感覚で申し訳ないですが、FXでは「ロット」という取引単位を使う人が多く、「枚」を使う人は少ない気がします。

「枚」は先物取引やオプション取引をしているトレーダーが使用している場合が多いような気がしますね。

以上、余談でした。

値動きの幅の単位である「pips」

「pips」とは、値動きの最小値幅単位を指し、「ピプス」と言ったり、「ピップス」と言ったりします。

先ほど解説した「枚・ロット」は取引する量の単位ですが、「pips」は為替レートが動いた際の呼び値(刻み値)の最小単位のことです。

為替レートが動いた際に、「何pips動いた」という感じで使います。

分かりやすくするために米ドルと日本円を例に説明してみます。

例えば、1ドル108.21円だったとします。その場合の小数点第2位(ユーロドルなどの場合は、小数点第4位)の1銭を1pipsと言い換えることができます。なので、ドル円の為替レートが10銭動けば10pips、1円動けば100pipsと言い換えることができます。

FXをしていれば、ドル円だけでなく他の通貨ペアもトレードをすることになると思うので、為替レートが動いたときに「銭」ではなく「pips」で表現するクセをつけておいた方がいいと思います。

なぜなら、「銭」は円が絡む通貨ペアでしか使えませんが、「pips」はどの通貨ペアでも共通して使える単位であるためです。

取引する際に使う単位のまとめ

取引の際に使う単位である「枚・ロット・pips」について解説しましたが、最後に画像を使っておさらいをして終わろうと思います。

まずは、ドル円の発注画面で説明します。

マネーパートナーズのドル円の発注画面

(画像はマネーパートナーズのドル円の発注画面)

画像の白枠内が取引数量を表していて、「10,000通貨=1枚=1Lot」となり、赤枠内(小数点第2位)が値動きの最小値幅単位の「pips」です(日本円の場合、小数点第2位がpipsでは一の位と考える)。「0.01円=1銭=1pips」です。

ついでに、損益の計算方法も書いておきますね。

損益を計算する際は、取引した通貨量(枚・ロット)に動いた値幅(pips)をかけて計算します。

計算式は、「取引数量 × 動いたpips=損益」です。

10,000通貨で取引して為替レートが5pips動いた場合は、「10,000通貨×5pips(0.05円)=500円」となります。

次に、ユーロドルの発注画面で説明します。

マネーパートナーズのユーロドルの発注画面

(画像はマネーパートナーズのユーロドルの発注画面)

白枠内はドル円と同じなので説明を省きますが、赤枠内はドル円とは違っているので説明しておきますね。

ドル円の場合は小数点第2位が最小値幅単位(pips)でしたが、ユーロドルの場合は小数点第4位が最小値幅単位(pips)となります(ユーロドルの場合、小数点第4位がpipsでは一の位と考える)。ここだけ注意すれば、他の損益の計算方法は同じなので大丈夫かと思います。

ユーロドルの場合は「0.0001ドル=0.01セント=1pips」で小数点第4位が1pipsとなり、ドル円の場合は小数点第2位が1pipsとなるので、最初は混乱してしまうかも知れませんが、トレードをしているうちに自然と慣れてくるので大丈夫です。

今回は、取引の単位について下手なりに解説してみました。

当ブログではFX用語について解説した記事があります。リンクを貼っておきますので、FX初心者の方に読んでいただけると嬉しいです。

スプレッドとは何か? - 兼業FXブログ

通貨ペアとは何か? - 兼業FXブログ