兼業FXブログ

FXトレーダー(スキャルピング気味のデイトレード)です。

レバレッジとは何か?

FXにおけるレバレッジとは、てこの原理のように小さな力で、大きな物を動かすのと同様に、小さな金額でその何倍もの大きな金額を取引することができるという仕組みのことです。

国内FX会社だと、個人口座の場合は口座に入金した金額の25倍までの金額を運用してトレードをすることができます。

例えば、口座に入金した証拠金が4万円なら、その25倍の100万円分のトレードをすることができるということです。

国内FX会社でも法人口座の場合は25倍以上でトレードをすることができますし、海外のFX会社だと888倍(ここまでくると完全にギャンブルですね笑)なんてのもあります。

FXトレーダー同士での会話では、「国内業者だとレバレッジ25倍だけど、海外業者ならレバレッジ888倍だから、より少ない資金で大きな金額をトレードできて一攫千金を狙えるぜ。」というような感じで使います(笑)。

ただ、初心者の方はレバレッジのかけ過ぎには注意が必要です。少ない資金で大きな金額のトレードができるということは、上手くいけば大儲けができますが、逆に上手くいかなかったときは大損をしてしまうということだからです。

要はレバレッジをかけるということは、ハイリスクハイリターンということなんですね。国内のFX会社でさえ資金の25倍もの取引ができるわけですし、海外のFX会社だと888倍なんてのもありますから危険極まりないということを理解したうえで、トレードをしてほしいと思います。

マネーパートナーズのチャート

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

ここからは余談ですが、初心者の方でスワップポイントを目的に長期投資をされる方は最大でもレバレッジ3倍までに抑えて投資されることをおすすめします。

逆に、短期でトレードを頻繁に繰り返すようなスキャルパーやデイトレーダーは、そこまでレバレッジを抑える必要はないと思っています。

スキャルピングやデイトレードの場合、慣れるまではレバレッジ5~10倍くらいでトレードをし、損切りの技術を習得したらレバレッジ25倍でトレードをするのもありかと思っています(あくまで個人的な見解ですので鵜呑みにしないでくださいね笑)。

注意してほしいのは、損切りの技術が下手なうちは、レバレッジ最大でトレードをしてはいけないということですかね。損切りができていないのに、レバレッジ最大でトレードをすると一度のトレードですべての資金を失うということが、けっこうな確率であり得るからです。

なんか用語集という感じではなくなってきているような気はしますが、ただの個人ブログなんでかまわないですよね。

以上、余談でした。

当ブログではFX用語について解説した記事があります。リンクを貼っておきますので、FX初心者の方に読んでいただけると嬉しいです。

取引の単位「枚・ロット・pips」とは何か? - 兼業FXブログ

スワップポイントとは何か? - 兼業FXブログ