兼業FXブログ

FXトレーダー(スキャルピング気味のデイトレード)です。

利食い(テイクプロフィット)、損切り(ストップロス)とは何か?

今回は、基本的なFX用語の利食い(テイクプロフィット)、損切り(ストップロス)について解説してみたいと思います。

利食い(テイクプロフィット)とは、含み益の状態のポジションを決済(手仕舞い)して利益を確定することです。

利食い(テイクプロフィット)の他にも、「利益確定(略して利確)」といったりします。

損切り(ストップロス)とは、含み損の状態のポジションを決済(手仕舞い)して損失を確定することです。

損切り(ストップロス)の他にも、「損失確定(こちらには略語はなかったような気がします)」といったりします。

利食い、損切り、ともに大事なのですが、特に「損切り」はFXトレードのリスク管理において非常に重要です。損切りができずに破産してしまう方は大勢います。

「損失を確定させる=負け」を意味するので、損切りすることを躊躇してしまい、含み損を抱えたまま好転するまで粘ってしまう方もいますが、個人的にこれは危険だと考えています。特にレバレッジをかけてトレードをしている方にとっては。

損切りをしっかりとする癖をつけていれば、FXで破産する(ロスカットされる)可能性はグッと低くなるでしょう。まずは、自分の許容範囲以上の損失が発生した場合に、躊躇せずに損切り(ストップロス)する癖をつけましょう。

あと、よく混同されて使用されていますが、「ストップロス」と「ロスカット」は厳密には違います。記事の最後にロスカットについて書いた記事のリンクを貼っておきましたので、興味のある方は読んでみてくださいね。

最後に、アイキャッチ用の画像を貼り付けておきます。

現在使用中のチャート(FX会社はマネーパートナーズ)

(画像参照元:マネーパートナーズ)

当ブログではFX用語について解説した記事があります。リンクを貼っておきますので、FX初心者の方に読んでいただけると嬉しいです。

ロスカット、マージンコールとは何か? - 兼業FXブログ

レバレッジとは何か? - 兼業FXブログ

必要証拠金・余剰証拠金・有効証拠金・維持証拠金・証拠金維持率とは何か? - 兼業FXブログ